2020年03月27日

知らない所でネガティブを引き受けてくれる人々

私は日本を堪能するときに


「コンビニ24時」という日本の経済にワクワクする。




海外に行く・・・というと日本人からは


「いいな〜」という声が上がるけれど




日本に憧れてる外人たちから言うと


「日本いいな〜行ってみたい」となるわけで。






どこに居ても、本当に楽しいなと思う。





行きたい場所が「コンビニ」になるというのが、面白い所でもある。


他のリゾートなどではない。





リゾートは、、世界各国、どこにでもあるのだ。

コンビニはないのだ!




カフェも素敵ですが、カフェのことを喜んでないのは

カフェはフランスにもあるので、普通なんだよね。



コンビニ✨✨て感じです。




故郷の地を堪能して、故郷の道を見て


過去の自分の気配を感じたりして。






土地と、過去と、色々な全てに、感謝を伝えた。




桜や子供達が遊んでる。


こんな桜の満開の中で、日本語が飛び交うのどかな風景は、ここでしか見られない。




それは、普通の風景かもしれない。

なんて事のない風景。



でも、本当に、普通であり、特別なんだな〜。



image.png





フランスでは、全員、お家に待機状態 (例外を除く)けれども

保証は給料の80%されるそうで。


それをバシッと決めて進んでいくフランスって、、すごいなーと思う。


色々とフランスに居ると、違うことがいっぱいあります。





軍の方(特別なエリート部隊)が亡くなることもある。


かなり悲しい計画を実行し、職務全うして亡くなる方のお葬式が、生放送されたりする。



見ながら、涙止まらんですよ。




「この計画で、自分の死は確実だから」・・・と未然に知らされる家族はどんな想いなのだろうと、考えてしまう。


遺族が泣きじゃくる姿は、いたたまれなく。

病気でもなく、大切な人の死が決められてるなんて。




そんな海外では当たり前の光景が、日本人の私にとっては、ショックでした。


これが現実なんだ・・・と頭がクラクラしたのを覚えてます。





この感じを、日本人の平和ボケと言うのでしょう。






自分の悲しみに、浸って生きて行きたくないな〜 と思う。



他に世の中の為にネガティブを引き受けている人なんて、沢山いるから。




自分の悲しみの中に居たり、被害者意識を持った人たちがどんなに頑張っても


きっと、グループ意識の強い、ただの分裂が起こるだけだと思う。





もっともっと、世界は広いんだ。


私は私の知らないところで、ネガティブを引き受けてくださってる人たちに感謝をしながら生きて行きたいな。



私たちは生かされてる。




今日もありがとう。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 14:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。