2020年02月07日

沢山のデータの先に

ピアノを弾いていても


曲調って違っていて


明るい音楽が良くて、暗い音楽はダメだ。


そんな判断がなく


こんな曲を何で作ったのだろう??作曲者に目が向く。



映画も同じで


どうしてこんな映画を作ったのだろう??


何かを尊敬するって、最終的には、相手を理解しようというところまで行くなーと思う。



曲を聴いて、好き・嫌い、そんなことの先に、共通点というものがある。




そこをリスペクト出来る程、何かを触れてみるのも良いと思うね。





フランス語を沢山やってみて(と言っても、自分の中でだけだよ)

ある程度、情報が溜まってくると


色々なことが分かり始める。




語学学習をどうしたら良いのか、データが溜まってくるので、こうしたらこうなるという仮説が立てられる。



でも、ある程度の情報が溜まるまで「これ、続けて意味あるのかな〜?」という気持ちになった。




これって、音楽をただ聴いてる時より、沢山聴いた方が(私の場合、弾いてたのですが)

作曲家や音楽の内側に目が向くのと一緒で


一定量のデータが集まると、視点の変化が起こるな〜 と感じています。




つまり、一定量のデータが溜まるまでは、先が見えないかもしれない。


ピンと来たことをやってみるしかないのかもね。







---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 07:00 | Comment(0) | フランス語勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。