2018年11月11日

想いを相手に伝える事

フランスへ行く時に


「遊びに来たい」という方が多かったりで、、、



最初は、普通に聞いてたのですが、



途中から、違和感が走ってきた。




なんか。。。ちゃうねん。




私の親友が優しすぎて、同窓会の損得ない友たちと話して、違和感を走らせてくれました。






感じた違和感てのは「あれ?なんか私のことを見る感じではなく、メリットとして見られてる」


という感じ。




で、もしや、これ、後にトラブルになるやつでは?



検索して、先輩方をチェック。





日本から遊びに来た友人が自宅へ泊まる。


トラブル案件でした。




違和感を感じた時点で、トラブルが起こる未来が見えたので、



急遽、方向転換です、笑





私の知り合いたちは、みんな行動的なのでマジで来るやつ。


それは個人で色々とやる分には、たくましくて、素敵だと思う。





でも、マジで来る人たちなので、マジできちんと考えるわけです。


一通りの人々の要望を聞いて、一息ついたら、


「オメーラのために行くんじゃねーよ!!」という気持ちが湧いてきた。







「私の忙しさとか、大変だろうから、という気遣いって普通ない?」て感じて、


これは違うな〜と。





私が正しいとか、相手を誤解してるとか、そういうことはどうでも良いんです。



自分自身を大切にできるラインで、私の生活を守りたい。



そのラインは、キャパが狭かろうと広かろうと、私たち一人一人が判断すること。





自分の中で、大切にしているラインが浮き彫りに出てきたので、お断りすることにしました。





私だって10代、20代の頃だったら、この無自覚なノリだったと思うのだけど


若い頃とは、理由や条件やらも全部違ってくるわけじゃないですか。




それら、条件を考慮すると、ちょっと状況は違うので、お断りするのはしゃーないなと思います。




後は、やっぱり、、動機が私ではないのではないか、というのは大きい。


もっと、丁寧で良質な人間関係を目指したいな〜 と思ってるんですね。



そこから、価値観が外れてしまっていると思いました。





モヤモヤしながら、自分の想いをクリアにすることで、自分ってこんなことを大切にしたかったのか〜と気づく。





私が受け入れられないのも、相手が何も考えずに行きたいと発言するのも、


みんな、無自覚で、みんな、今のナチュラルな自分なだけなのだ。




そして、きちんと私がどうしたいのか伝えることで、一緒に沢山の優しさを知っていくと良いよね。





細かなことはともかく

自分が幸せな気持ちでいること、喜びの気持ちを優先すること



そこを第一に考えて、心に嘘をつかずに、生きていきたい。





遊びに来たい人、手をあげて〜

image.png




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
tamayage web shop     UFJ・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 01:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。