2018年07月01日

朝崎さんライブ





朝崎さんのライブに行ってきました。


めっちゃ良かったよ。。。




奄美の唄

(↑宮古て書いちゃったけど、最初情報を得たのが宮古だったんだけど奄美らしい。その方も混乱してたんだろうね。

唄を聞いてると、完全に奄美を連想し、次から、奄美の唄て書いちゃってた私。

その間違いの方が、正しいらしい)



について素人の私にも解りやすいよう説明してくださいました。




こうやって、ど素人に丁寧に毎回ご説明されているのだな〜と。





興味があるから集まっているのに、きちんと丁寧に説明されることの1つ1つの積み重ねって

いつも大切だな〜って有り難いなと思っています。







友達を誘って行ったのですが、


新日本風土記の音楽の人だよ〜 と伝えると、ぼんやりの知識で参加したようで・・・。



帰り道に、すごく感激していた。






本当にね、、、元ちとせさんも好きだけれど、奄美と、沖縄って全然違うんだな〜と。



元ちとせさんに素敵な曲を提供されていた上田現さん。


訃報を知った時、とても悲しかったですが、上田さんの唄もね、私好きで。



元さんが歌っている、超絶素敵な音楽を、上回るような唄を唄われる。





味わい深い歌。

体から込み上げてくるような、湧き上がってくるような、


声だけでなくて、生き方すべてが現れるような唄。





朝崎さん、上田さん、お二人が共通してるのは、ここかな〜て思ってる。






本当に、どこの琴線に触れているのか、深い所から、涙、出てきます。






奄美の唄が、古くから口承で伝わってるなんて、信じられない。。


だって、とても音楽的にも美しいから。








美しさについて、考えてしまう。




陰陽が合わさってるようなモノなんだけど、表現するには、難しいね。






でも、なんだろう、死の先が、本当の故郷で、



死のエネルギーは、死ではなくて、


本当は、今私たちが生きるための生のエネルギーに満ちているものなのではないかな。


と、感じさせてくれるような、陰陽が一体という美しさを感じます。







彼女が出てきた時、「リスペクト」という言葉が浮かんだ。


尊重、尊敬、尊厳。





とても美しく感じたのです。




朝崎さんが、たとえ、


ゴロゴロしてようと、文句を言っていようと、


人間的な所がたっぷりあろうとも、



感じたことは、訂正できないからね。




私が感じた「尊敬」の美しさは、


奄美の昔の人々の間にあったものを、感じ取っていたのかもしれません。





また、見に行けたらなぁ。

タグ:奄美 沖縄

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
tamayage web shop     UFJ・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 07:00 | Comment(0) | ライブ&コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。