2018年06月13日

広島で感じたこと

あ、そういえばさ、、、



広島の原爆ドームへ行き、資料館は軽く見るだけだった。




でさ、本当に感じたのは、「戦争は無意味」なだけだった。




非情なほど、その一言で、終わり。








「無意味」であることって、なかなか、受け入れ難いのではないかと思う。




「夜と霧」の中で、フランクルさんが最後に出してた結論。


戦争から、自分の経験してきたこと、そこから導き出した人生の価値、意味。


「苦悩」


だった。





私たちって、何かと、意味を求める。






でも、私は思うんだよ。




その経験自体が、無意味で、無価値である。



とね。





無意味で、無価値であると知ることに、最大の意味があるんじゃないかと思う。





自分の経験や事象の「無意味さ、無価値さ」を受け入れることが出来る自分は


もはや、無意味や、無価値に泣くことがない。




信頼とか、ぬくもりとか、ただ健気な想いが、確かにそこには存在していて、

それは、今の私たちに繋がっている。





無意味や、無価値の中に、確かにいつでも存在する、


自分自身への「信頼、ぬくもり、健気な想い」を


拾い上げて、今の自分自身に受け継いでいく。


image.png





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
tamayage web shop     UFJ・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 10:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。