2018年05月14日

凸凹さんの話

誰かが、こういうことを言ってて、表現しててもおかしくないんだけど


ちょっと書いてみる。





「自分は自分、人は人」と思った時に




「人」を自分の内側から捨てていく、ということをしたら、




こんな図ができた。




よくある、凸凹の図。



凸凹さん.png




凸凹の凸さん。




とある凸さんの言い分。

凸凹さん02.png




「このようにすると、僕のようになれるし、憧れの誰々さんだって、凸になって生きているのだから、
凹さんも素敵になれますよ。」



とアドバイスをくれる、凸さん。





「要らないよ」「足したほうがいいよ」


デコさんから指摘されるボコさんの欠点は、ボコさんの魅力なのかもしれません。



「あなたは僕と違う特別な存在だよ」と、ボコさんの良い所、長所を教えてくれるのでした。








また、別の、とある凸さんの言い分。

凸凹さん03.png



ボコさんに憧れつつも、どうしても届かない夢だからと、
僕なりに生きて行く決心をした、凸さん。



あっても、なくても、

足りてても、足りなくても、



それが、僕の魅力なのだな〜と諦めたようです。





私の彼は、鼻が高い。

私は、鼻が低い。



私は日本人と一緒にいると、顔が濃い。

彼と一緒にいると、顔が薄い。





こんなことも、所変われば、ね。






最近、この図を描くの、結構、好きです。


ばれた〜?



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
tamayage web shop     UFJ・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。