2017年11月24日

アート

ずーっとアートの世界に身を置いてるな〜と思って、

制作しながら「幸せだな〜」と感じていました。


目に見えるモノが、カラフルだし、オシャレだし。



カラフルであるだけで、心が弾む



オランダのアムステルダムへ行った時、

宿泊先から、隣のお家の部屋が丸見えで!


どのお家も、お部屋が可愛くてビックリしました。




どのお家も、まるで、モデルルームみたいだった。




インテリアや、家具のデザイン、そして、そこに、絵が加わっているね。



私自身、アートと言うと「社会的な主張を持つ」側面がある作品があるのは良いことだと思うんですが、

置いておくだけで、幸せを感じたり、

なんだか、元気がみなぎるモノ、


それを選んでくれる方たちがいる限りは、アートだと思っています。
(作家性が出る自由性のある制作物に限りますが)



アートの基準を「自分の世界」だけに留めたら、気づけないことって沢山出てくると思うんです。


自分の中から沸き立ったものを、「駄作」と決めつけずに、勇気を出して、発表してみる。

すると、なんでか知らないけど「そこが好き」って方、いらっしゃると思うんですよね。


そういう所も含めて、私は、人々とか、自分の考えの外、
あるいは、気づけていない自分に出会っていけたら楽しいな〜と思っています。




私にとって、旅の風景は、地球の1つのアートです。

感じることも、アートだし、

きっと、ヨガ自体が誰かが生み出したアートだと思う。



アートとは何かって聞かれたら、

「感じること」→「自分を知ること」→「選択をすること」→「よりよく生きること」「元気と幸せがみなぎる」

みたいな感じかな〜



私自身は、絵を発表して、作品を発表して、ブログで考えを書いて、面白いことを紹介して、
「感じて、考えて、自分自身に僅かでも気づいて頂けるようにきっかけを作る」

そこで、


「幸せを選択しよう」

と思われた方で、



私の作品がその手段だと感じた方のみ、

私の作品を買って、心が幸せに、豊かになるんだと思うんです。





「感じる事」って、「動機」でもあり、「発端」であり、

その発端は「自分自身」である。


だから、感じる事をなくして、動機も生まれないし、自分自身のない状態で、結果に満足するわけがない。



その「感じる事」が「アートの発端」であって、「幸せ」は「アートの終局」

多くの皆さんに、アートを大切にしてもらいたいです。



なぜなら、そここそ、満足であって、生きる充足感、命の輝きだから。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【私のアートの土台についての話の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。