2019年11月02日

スープとジュース

人参を5キロ使う為、キャロットスープを作ることにしました。


ミキサー


皮むき、カットが終わりに近づいたので

ほっとして、写真を撮りました。


この倍、3倍、とにかくとてつもない量、切りました。


うちの前を通ったら、何をそんなに切るものがあるのだろう??と疑問になるほど

ずっと、まな板の音がしています。




さて、スープは、カットした野菜と、水を入れれば自然と温かいスープが出来上がります。




今回は、ナスとトマト、エシャロットを入れました。


人参を入れすぎて「食べる野菜」状態でした。




スープで野菜をたっぷり食べる事が出来たら、フランス文化を知ることにも繋がりそう。




次に

2kgあるリンゴを使わねばならず、リンゴジュースを作ることにしました。


レモン1つ、リンゴ沢山、


オレンジみたいなクレモンティーヌ2個、バナナ半分


ミックスしたら、色は茶色になりましたが、めちゃくちゃ美味しいジュースができました。




配合は実験みたいで楽しい。


野菜が豊富なフランスなので、スープも上手になったら嬉しいな。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 05:27 | Comment(0) | 料理の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人参が5キロあるよ

食材から、お肉の在り方まで違うフランス。



思った以上に、料理がしにくいです。



日本で料理に困った事がないし、毎日違うメニューも出来るタイプだったので

こんなに難しく感じるのかーと、ビックリしています。




食材は世界中、野菜があって、魚があって、同じなんだから、、と思っても

色々違うから、難しい。


頭で考えるより、現実って

簡単な事もあれば、難しい事もある。



勝手が全然違う料理は、私は難しく感じています。






さて、今、問題がありまして。


家に人参5キロあります。



日本じゃ考えられないけど、このキロ感が外国だよね。


彼が50セント以下の超安値で手に入れてきました。





あーもうどうしたら良いのか。

前回、1キロ、駄目にしまして。



今回、人参を大量に使う事が出来ない私を見兼ねて


1つメニューを教えてくれました。



出来上がりはこちら。

魚のクリームを人参で作るそうで。

サーモンの人参ピュレ添え、、とでも言うのでしょうか。

フランス料理



簡単に言うと


大量のコンソメ&ブイヨン?つまり、固形の出汁で、人参を汁が無くなるまで煮込み

クリーム少々、塩、胡椒を入れて、ミキサーでピューレを作ります。



サーモンもオリーブ、ハーブ、塩、胡椒をかけて、オーブンへ。


フランス料理




細かく言うと

エシャロット少し、人参大量、を油で焼きます。バターも投入。

お湯に固形スープの元を入れて、沸騰させる。


人参に火が通ったら、出汁投入。


スープのようになってるのだけど、汁が無くなるまで長時間煮込みます。


ミキサーに入れ、味を整え、クリームを入れ、ピューレにして終わりです。


フランス料理





ミキサーがあまり良くなかったので途中から、手作業にしました。




人参を大量に食べるメニューがあるって、ステキ。



5キロ、使えそうな気がします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 01:58 | Comment(0) | 料理の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。