2019年10月31日

居場所

フランスに居て、とても幸せだけれども

「フランスに居ること= あなたの居場所」


として

「自分の居場所を見つけられて良かったね」と言葉を頂いたので

それにお返事をした。



フランスに居る事= 私の居場所 ではないんだな。



それは、前にもやっぱり記事にしていて


「自分の居場所」というテーマで書いている。

http://ooko2015.seesaa.net/article/468304473.html




私はアートを仕事にし始めた時から

自分の居場所を見つけていて



自分の居る場所が、幸せの場所であり、自分自身の場所である。


そんな強さと共に生きてるんだよね。




すべてが違う。

すべての考え方が。とらえ方が。




共感よりも、違いを楽しむ生き方。



環境や人に依存するのではなく、自分に依存する生き方。


すべての幸福の拠り所を、自分に持たせる生き方。




だから、環境や、人、たとえば、結婚とか、パートナーの居る居ない、年収、

そういう外的要因で幸せを決めてる人は

幸せを失うし、失う可能性があるから常に恐怖が伴う。




本当にすべてが違うんだよね。



きっと、生きてる世界がまるで違うんだな。


目に見える風景も、幸福も、全然、違う。




今、私が言葉に綴っているこの風景こそが

私の居場所なんだ。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年10月30日

ヴァンヌ

ヴァンヌ



vannes に遊びに行ってきた。


初めての街って、ワクワクする。



結構大きな街でした。


フランスの知り合いにポストカードを買いましたが

昔の風景や人々が写ってまして、面白く見させて貰ったのですが


彼も懐かしそうに、また、楽しそうに見てました。




おじいさん世代と、今では、色々なことが全然違うそうで。


言語も地域の言葉を話せる人が、おじいさん世代では沢山居たそうで。

地域の言葉を話す人は、フランスが大っ嫌いだったりするそう。


ブルターニュでも、ブルターニュの言葉の新聞を見せていただいたりして。

地域の誇りを大切にされていました。


フランス、フランスと言ってるけど、

思ってる以上に、フランスって複雑なんだなーと知りました。




この街は、昔の古い建物が残っていたり、パリっぽい雰囲気の建物が残っていました。



住んでいながら思うのは、フランスは商業主義ではないなーと感じてまして。



どういうことかというと、、

販売したり、経済を発展させることより

個々の幸せを考えている。。という感じでしょうか。

その為、商業的な発展のエネルギーの様なモノ(新しいアイデアとか)に触れる機会が少なかったりしますが

この街は、少し、新しいアイデアとか、新しい風とか、触れる機会をもたらしてくれる街に思えました。


ヴァンヌ




人間の幸せを第一優先に考えて生きるフランス。


何が人生を楽しませてくれるだろう。



その機微に触れることは、まだ、出来ません。


ヴァンヌ




テレビで、ハーブのスペシャリスト、ハーブリストが出てたり、

自然にまつわる人々が沢山出てて、面白かった。



お庭で色々育ててる人が当たり前なので

ハーブの色々を教えてくれる番組とか、見るよね。


自分もやってみようって思うし。

傷にはこれが良いよ、と解説してた。




ヴァンヌ


ヴァンヌの教会の側面に、こんな可愛いモノを発見した。

雨が出てくる。



いいな、いいな。


可愛いよね。


街を歩いてると、可愛い看板とかいっぱい目に入る。


イタチがシンボルだそうで、町中にいっぱい発見します。




大きくて、小さな街。


素敵な街だなって、思いました。



ヴァンヌ


日本にもありそうな商業的なカフェへ。

小腹が空いたのでクロワッサンを頼みましたが、美味しくなく。

コーヒーも普通のカフェの方が、安くて美味しいです。



こういうカフェに入ったのも久しぶりだったので、楽しめました。


すごく雰囲気の良いカフェに入ってると、スタバに入りたくなったりする。


スタバばかり日本で行ってると、雰囲気の良いカフェに憧れたりする。



欲張りですね。


どちらも選べるヴァンヌでした。






---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 22:17 | Comment(0) | 旅_フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

教会の鐘

教会の鐘を作っている工場を見学しに行きました。


フランス語の案内で良いよと伝えたのですが、

フランス語と英語両方で対応していただきまして。



そこで、マテリアル系の用語ばかり出てきて大変でした。


係員「poop」

私「poopってなんですか?」

係員「馬は解るよね?」

私「馬は解る」

フランス人「かか どぅ シュヴァル」

私「!! ああ、解った!!かかドゥシュヴァルね!」

係員「そうなのよ、うんこのことよ」


私はよりによって、うんこの所で、止めてしまいました。



フランス語の用語は知ってたけど、英語の用語はチェックしてませんでした。


あとで、英語の言い方をちょっとチェックしました。


こんな風に色々と覚えていくね。


数言語、う回路があるって、便利だな。




英語はわからなくても、フランス語で解ったり、そんなことが出来るから。


逆に、英語が解らなくても、フランス語と似てるから、英語が解ることもある。


でもね、日常で使わない用語がもう解らなくて。普段まったく使わない言葉。



普段、まったく使わない言葉に出会って、ゆっくりと覚えていくんだよね。


今、ぷーぷを覚えたもんね。

この前の私と、今の私は、ちょっと違うのだ。



ぷーぷ で、手を挙げて、質問する私はもう居ないのだ。




おなら も、フランス語だと知ってる。ぺ なんだよ。

擬音語みたいで、覚えやすい。


英語は知らないなー。


ということで、覚える。





あ、そんなこんなで、鐘を作ってる工場に見に行きました。




前に、オマハビーチに行ったとき、パラシューターが教会の上にひっかかって、命拾いをした話をしたけど

彼は命は助かったのだけど、教会の鐘の音が大きすぎて、聴力を失った、という説明をしてもらったけど

詳しい話はよく解らないので、ご興味ある方は調べてください。



聴力を失ったことまでは、ちょっと調べられず。

非常事態に教会の鐘が鳴ってたことは、載っていた。

そして、2時間、死んだふりをしてた、、という事は書かれてました。


説明では、武器を落としてしまって戦える状態ではなくて、死んだふりをしていた。と教えていただいた。



その2時間も、死と隣り合わせの時間は、過ぎていくのが長かっただろうな。





話をもとに戻して。


実際に、近くで小ぶりの鐘を鳴らしてたのですが

すっごく大きい音でした。


危ない。



そして、今制作依頼が来てる鐘も、作り途中で、見ることが出来ました。




3言語、英語フランス語日本語。

これらを使って、しかも通訳したりもして、大変だった。


通訳と、理解は違うね。


自分が理解するだけより、通訳、言葉にするってことがどれだけ疲れるか。


英語が解る人と、英語のみで会話したりするってまだラクなのだけど

フランス語を話す人と、英語と、日本語でやりとりを

全部、私が介在して、橋渡しをするってとてつもなく大変で、脳が疲れる。



通訳する方って大変だね。





私は解らないんだ。


そこが、物事、すべての始まり。



頑張ろう〜


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 00:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

ブルターニュ人と会話

生まれも育ちもブルターニュ。

そんな方に外人さんということで、興味を持って頂き、お話をした。


フランス語が難しくて話せないのだけど

前に、日本語が上手な外人さんと、スタバで声をかけられて話し

最初は「ありがとう」だけ本屋さんで辞書みて覚えて、後は、スタバで声をかけて

日本人と話すことで、日本語を教えてもらって覚えたと言っていたので


私もこんな機会を大切にしたい。


ブルターニュ人のその彼は英語もポツポツ話すので、どうしても理解できないときは英語にしてくれる。



国の歴史に詳しくないので、色々な国名が出てきても、ちょっとわかりにくい。

特に、イギリスの国名を細かく言われると、ちょっとわかりにくい。


会話に出てきたウェールズとか、今思うと解るのだけど

こうやって、知識と知識が結びついて、覚えていくのだね。




ウェールズとフランスがラグビーで試合があるって話。

ウェールズやスコットランドは、元々、ブルターニュの人々のルーツなのだとか。


「ラグビーどっち応援するの?」てきいたら

「Joke!!」て悶えていたよ。



「あれ?きいちゃ悪い質問しちゃったのかなー?」と思いつつも

基本的に「文化の違いだものね」 と、相手のことも、自分のことも悪く思わないのである。


相手は気を取り直して

「やっぱり、フランスを応援するよね、、、でも、、、うううう」となってたので

「les deux 両方だよね」と返すと

「そう、両方応援したいんだよ」と言ってました。



ラグビーのフランス語は難しくて発音しにくい。

何度も練習して「ヒロエ、全然できてないよ」と皆に言われてたんですが

このブルターニュの男性に発音しても「え?何?」て感じで


「ラグビー、ラグビー、ラグビー」てやりとりは日常茶飯事になってます。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 22:49 | Comment(0) | フランス語勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆.jpg



お米の代わりに、パスタとか、麦とか、豆を食べています。


フランスより、書いてます。



フランスが好き、というものの、アートが好きだったので

あんまり生活とか知らない。


なので、手探りですが


写真のお豆に出会いました。

とてもおいしい。



美味しい調理方法は、クリームと塩コショウ。ですが

もう、最近、クリームとか、チーズとか食べたくないです。



それでも、マッシュルームとクリーム塩コショウを、この豆と合わせると、超美味しい。

あ、それと、プロヴァンスハーブも入れてます。

クリーム


こちらに来て、ハーブとか、スパイスがとても味付けに大切だなーと思う。


日本だと、食材も、調味料も、豊富なんだけど

今、私はあんまりよく解ってないのもあって


ハーブやスパイスでの味付けの変化を楽しんでいます。



色々な方から、学びたいと思います。




今日は、ひよこ豆を食べようかと思ったのですが

あんまり知らないなーと、手を引っ込めてしまいました。


そして、はっと気づく。


知らないから手に取らないんじゃなくて


知らないから手に取らないとな、とね。



この思考は、フランスで頻繁に出てきて、ハッとさせられています。



知らないから、やめておこう。 という思考。


何度もこの思考に出会って、はっとして、知らないから試してみようにチェンジさせています。


知らないから、やってみよう。


入ったことがないから、出来ないんじゃなくて

入ったことがなくて出来ないから、入ってみてやってみよう。


その繰り返し。



つまりは、やる自分を選択してるってこと。


やらない自分で居るより、やる自分を選択した方が、楽しそうだなって思うから。




その結果、彼に「あちゃちゃー」て言われてるんですけどね、笑

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 21:45 | Comment(0) | 料理の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンポート と 栗

りんご



彼のお母さんから頂いたりんご。


彼のお母さんは、リンゴパイを作ったり、コンポートにする。


私はコンポートはとても好きなので、よく彼のお母さんのコンポートを食べてましたが


おうちでも作れるように頂きました。



フランスは、お庭が広くて、りんごの木があったり、栗の木があったり、ナッツの木があったりするのは


結構、普通だ。



彼のお母さんのおうちにて。栗よりちょっと小さめのシャテーヌ。シャテーヌは一つの房に2〜3個だったっけな?成るから、栗より多く成って、小さくてより美味しいのだとか。

家庭によくある暖炉。フランスの屋根を見ると、煙突がある。暖炉でシャテーヌを焼くらしい。

焼く際には、ナイフで切り込みを入れて、破裂しないようにする。
焼けたら、新聞を用意し、シャテーヌを置き、塩をかけて、新聞を丸めてしばし放置すると皮が剥きやすくなるのだとか。

食べる時、中に虫がいる事があるから、注意だそう。居る場合は、パカッと開くとそこに居るから、発見するのは簡単らしい。

シュミネとシャテーヌ.jpeg




自然の中で生きてるフランスの家庭。


田舎だから出来るわけでなく、普通の町中にも広いお庭があって

みんな何か作ってる。


お庭でいつも自然の恵みを頂いてるフランス人の生活に驚く。




頂いたりんご。

私は、りんごをただ火にかけて、砂糖も入れず、小さなりんごの個体が残る位が好きです。



コンポート



でも、フランスだと、トロトロにするために、ミキサーをかけるらしい。

りんごパイを作る時にも、土台にコンポートを敷いている。

コンポートは砂糖が入ってる、トロトロである。という特徴がある。


私が好きなコンポートを伝えると、そのように作ってくれるのでした。


砂糖を一切食べない生活を自然としてた事がある。

フルーツとドライフルーツが大量にあった時に、そればかり食べていた。



その時に、砂糖を受け付けられない体になってたんですが

砂糖が、ものすごく重くて荒いモノに感じた。まるで油を食べてる感じ。


今、砂糖の甘さも、体は受け付けてくれますが

自然の甘さがあるときには、それだけで十分だなと思って、頂いています。




フランスはチーズやら、デザートやら、食生活は豊かですが

日本人の私?からすると、とてつもなく豊かすぎて、体を壊しそうになるので


自然と、日々の食事はヘルシーにしたいと思うようになりました。




フランス料理を学ぶのも大切にしたいですが

胃休め料理、七草粥的な料理も学びたいと思うようになりました。



胃休めに、ラタトゥイユはとても良いと思う。

体に良い食事、だけど、飽きずに美味しい!!!て料理、知りたいなー。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 19:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラタトゥイユ

フランスでフランス料理を作る試み。


彼が元コックさんなので、料理はきけば教えてくれます。


彼が作った料理はあからさまに、調味料とか知ってる人の味。

私はよくわからんハーブを、味も知らずに「台所にあったので、入れてみました」というレベル。




ラタトゥイユを彼のお父さんから教わってたので、トライしてみたんですが

作る過程を見ていた彼が「ヒロエ、間違ってる!」と言うので


もう一度、試してみました。



何を間違えたかって、お水を入れてしまった。


焦がさない為のお水は入れるので少量なのだとか。

あとは、お野菜のお水で作り、スープの様にはならないそうです。




色々なラタトゥイユがあるようですが、

トマトでソースを作りながら、野菜を投入し、じっくり煮込みます。


フランスは野菜がとても安くて、昨日はいつもより更に安くなってて、10個で88セントでした。
この写真は5つで1.4ユーロですね。グラムで計算のシステムです。

トマトは本当に体に良いので、ありがたいです。無駄にたっぷり摂取して健康管理したいと思います。


トマト



今回は、彼が所有するローリエを入れてみたのですが

お皿に乗ってるローリエを見て、また、彼にきかれました。


彼「ヒロエ、何枚ローリエ投入した?」

私「4枚」

彼「2枚でいいから!またまた、やらかすんだからー!」


間違ってデカフェを大量購入してしまったり

フランスでは常識でしないことも、日本流でやってしまうので


彼は楽しそうです。


あちゃー、、て顔するんだけど、その顔をしたりするのが、なんか楽しそう。



フランスでフランスを学ぶことも大切だけど

フランスで日本人の個性を出すことも、面白く関わっていく大切な要素だと思う。



笑ったり、笑われたりしながらね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 18:22 | Comment(0) | 料理の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

スクラッチを当てる

前も、フランスでスクラッチをして当たったけど

今回は3人やって、3人とも当たりました。


3枚買ってきてくださって、3枚とも当たったので


「3枚連続で買って、全部当たるのは、とっても珍しい」

と言ってた。


確かに、3枚連続は、日本じゃなさそうだよね。




私が今まで彼が買ったやつ、2回とも当てたので


スクラッチが当たる、、とは、ちょっと噂になってたんだけど



今回は私は全然額が大きくなかったけど


3人合わせて、まあまあな額になったので


面白かったです。




スクラッチ、簡単。





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 01:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

ボックス

お菓子ボックス



かわいいボックスは、私にとって、とても気になるアイテム。


3つほど買ったのですが

砂糖ボックス



こちらのボックスを買ってすぐに落として割ってしまいました。



彼が音をききつけ、ニヤニヤしながらやってきた。


2時間もしてないのに、落とした〜と茶化してくる。


少々、高かったので、余計に彼はニヤニヤしています。




でも、後日、本当にほしいか胸に手を当てて尋ねて

もう一度、同じものを買いました。



間抜けなことをすると、彼は笑ってくる。



嫌がられたり、怒られたりせずに。




笑っている彼よ、ありがとう。





可愛い入れ物があるだけで、嬉しくなる。

良いよね。



この入れ物は、メゾンデュモンド みたいなお店で買いました。


テレビCMもやってて、有名なお店っぽい。



買い物も、割ったり、失敗したりしながら

色々と好きに生きていきたいと思う。



欲しいなと思うモノがある幸せ。



彼が「見てみて〜可愛い〜ガシャン!2時間しかもたなかった。買った意味がなかったね」と言ってたんだけど

私は「割ってしまったけど、買った時の喜びは本物だった」と言って


「喜びが大切!喜びに意味がある!」と言い張りました。



喜びが大切。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 21:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オマハビーチ

前に、ノルマンディー上陸作戦のアメリカの墓地に行ってきた。


最初は、そんな悲惨な場所に行くのは嫌だなって思ったのだけど

実際行ってみると、墓地は誇り高くて、とても気持ちがよいものだった。



こちらは、日本人の戦地が苦手な方にもおすすめの場所です。



1度目は「あなたはまだ生きてる」というメッセージをお墓のある方から頂いた。


ちょっとね、たぶんその時の私の状態に合わせて、メッセージを頂いてしまったのだと思う。

私は結構ね、亡くなった方から、しっかり生きろというメッセージを頂くんですよ。


その度、反省してます。





今回は、まったくメッセージを頂くことはなく。


私ね、良い感じなんですよ。

これから、そんなに、しっかり生きろ的なメッセージを頂くこともなくなるかと思ってます。



生き方とか、きちんと見えてきてるから。



今回は、アメリカの墓地だけでなく、オマハビーチにも行きました。


とっても綺麗で、美しい。



私、心がちょっとブレると、いつもオマハビーチとか、アメリカの墓地に立つイメージを作ります。


本当に気持ちよくて、芯がしっかりしてるというか、スッと心を地面に落としてくれるから。


エネルギーをもらう。強さをもらう。



アメリカにとって、神聖な場所なんですって。

でも、私にとっても、聖地と呼べる場所。

スッと心が落ち着きます。



とてもおススメです。

全然、怖くない。おどろおどろしくないです。



むしろ、勇気と元気をもらう。

しっかり生きようって思う。





どの様に、フランスを解放したか、作戦の手順もマップになっているのだけど

そのマップのところに、小さく、日本の占領地域のマップも載っている。



「1国でここまでの広さで、敵を作って占領なんて、普通に考えたら無理だよねー」と話す私。



みんな幸せだったら良いな。




その後、ちょっと離れたサンメールエグリーズにも行ってきた。

教会の上の柱にパラシュートがひっかかって、死んだふりをした兵士は一命を取り留めたのだけど

そのパラシュートが今も残っています。


本当は反対側にひっかかったそうですが、広場から見る方が見やすいとのことで

広場の方にひっかけたそうです。





教会に入ると「平和について書こう!」というノートが置いてありました。




平和は自分の内側から作るものだと、実感するこの頃です。




アメリカ兵の墓地は、ぜひ、行ってもらいたいなと思う。

おススメします。






---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
///私の作品が買えるサイト///
ことりの実

tamayage web shop     クレジットカード(会社:square)・三菱UFJ銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行・代引き
iichi              クレジット・銀行・コンビニ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by hiro at 19:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お買い物は http://tamayage.shop-pro.jp/ へお越しください。